『こんな会社で働きたい』ってなんだろう?

出版の目的

地方の優良企業に目を向け、Uターン就職、Iターン就職を促し、「地方創生」を後押ししていくことを目的とした書籍シリーズ『こんな会社で働きたい』。2018年、第一弾として東京への就職人口流出率が最も高い千葉編を制作・出版いたしました。その後、埼玉編、神奈川編、茨城編、大阪編、広島編など各地方の優良企業の取り組みを紹介しています。

また地方編に加え就活生の注目も高まっている「働きがい」にフォーカスし、健康経営編やSDGs編を出版。これらのシリーズでは、就活生への企業紹介だけでなく、多業種の取り組みを紹介することで、健康経営やSDGs自体の認知度向上や促進、またこれから取り組みたいと考えている企業様にとっても役立つ内容をお届けしています。

働き方改革法案により時短勤務や残業規制、テレワークなど働きやすい環境への取り組みを実施している企業は多くありますが、従業員を資本と捉え、「生産性の向上」につながる取り組みが実施されていない企業はまだ数多く存在します。コロナ禍でも成長を続ける企業では、従業員のみなさんがいきいきと働くために様々な取り組みが実施されており、エンゲージメントの高さも特徴的です。反対に従業員への配慮が不十分であれば、メンタルヘルスの不調や個人のパフォーマンスが低下し、集中力の低下などにより業務によっては身体的にも危険が及ぶ可能性さえあります。従業員が健康的な状態で、仕事のパフォーマンスを最大限に発揮でき、個人の活躍を通して社会に貢献している企業の実例を出版社という第三者の立場から紹介することで、普段外部からは見えづらい「会社の内部の雰囲気や担当者様の想い」もお伝えします。

どうして書籍なの?

昨今採用の方法は多岐にわたり、またインターネット上で誰でも気軽に膨大な情報を得ることができます。情報が溢れすぎていて、埋もれてしまう。実際に、ナビサイトや説明会では十分に情報を得ることが難しく、他の媒体で企業研究をする就活生が多いということがデータでも明らかになっています。

               ※学生就業支援センター 22卒選考辞退・内定辞退の決定要因調査より

そして、十分に得ることができなかった情報として関心が高いのは「社風や環境、社員の人柄」など、中々外部からは見えづらい会社の内部の雰囲気だという調査結果もあります。

              ※学生就業支援センター 22卒選考辞退・内定辞退の決定要因調査より

こんな会社で働きたいシリーズでは、実際に企業で働いている担当者様に直接取材をしており、取材を受けていただいた担当者様のお顔写真や取材風景を写真で掲載しています。書籍を読みながら、担当者様の言葉として読者のみなさまに伝わるように制作していますので、ぜひ書籍を手に取っていただき、各企業の内側をのぞいてみてください。これまで知らなかった新たな一面や、担当者様のまっすぐな想いに出会うことができるはずです。

続編について

「もっと自社の良さを知ってもらいたい」「数多の採用施策を試しているが、就活生に正しく訴求できているのか分からない」というようなお悩みのお声を聞く機会は多いです。世の中にある素晴らしい企業様をもっともっと多くの方々に知ってもらいたい。私どもはそんな想いで、魅力的な会社で働きたいと考える就活生の方々と企業を繋ぐ架け橋としてこれからも邁進し続けます。

「企業のこういう取り組みについてもっと知りたい」「〇〇な企業って他にあるの?」そんなお声も、お待ちしております。どなたでもお気軽に、お問合せください。

関連記事

  1. 【 株式会社ナガツカ】職場環境の課題をワンストップ・サービスで解決する企業

  2. 【豊安工業株式会社】 日常メンテナンスから新規プランニングまで、工場の安定稼働を実現するプロの技術

  3. 【名鉄協商】地域に貢献する思いで新たなビジネスを切り開く

  4. 【株式会社富士住建】埼玉県を中心に首都圏に数多くの注文住宅を提供する住宅のプロフェッショナル集団

  5. 【国際自動車】輸送の安全確保のため、社員の健康は必須

  6. 【株式会社First Drop】居酒屋経営を軸に環境貢献と経営者育成をめざす飲食企業