【山信株式会社】豊富な資材と知識でライフラインを流通で支え「山信ブランド」を確立する

山信株式会社は、1950年に名古屋市で創業し、配管資材・住宅設備機器の卸売事業を展開している。現在は愛知県全域に9カ所、静岡県浜松市に1カ所、岐阜県可児市に1カ所の営業所を展開し、地域密着型の事業を行っている。今回は、山信の強みや今後の事業展開、教育や福利厚生などの制度について、総務部の小川泰樹課長に話を伺った。

福元良貴代表取締役社長

山信が選ばれる三つの理由

当社は住宅設備機器や配管資材など、快適な生活に欠かせない水回りやガスといったライフラインを支える製品を扱う専門商社です。

幅広い品揃えでお客様のあらゆるニーズにスピーディーに応えられることを大きな強みとして、地元愛知で70年ほど活動してきました。

その歴史の中で「必要な時に必要な商品が揃う」ことがお客様からの厚い信頼となり、多くのお客様との関係構築につながっています。

今後も、住宅設備機器と水道用管材に続く新しい柱を育てていくのと同時に、取り扱う商材の拡大によってお客様の利便性を高め、お客様にとって無くてはならない「頼れる専門商社」を目指していきます。

私たちの仕事は、決して派手なものではありません。しかし、失敗を恐れず新しいことにどんどん取り組んでいく、そんな会社にしたいと考えています。

当社が目指すのは、メーカー様と工事業者様の間をつなぐ流通の役目を担いながら、製造、流通、施工、消費者のそれぞれが共存共栄できる関係づくりをサポートし、社会の発展に尽くすこと。

さらに、丁寧な仕事と的確なコミュニケーションを継続することで信用や信頼を獲得し、お客様との共存共栄を大切にすることで「山信ブランド」を確立させることを目指しています。

私たち山信が選ばれる理由は、大きく三つあると考えています。

一つはスピード感です。当社では、すべての営業所に倉庫と配送チームを配置しています。主要な取扱製品は各営業所の倉庫に常備し、注文を受けると各営業所の配送チームが迅速に配送に動きます。

そのため、注文を受けた翌日には商品をお届けできる仕組みになっています。こうした体制はお客様からの要望を実現する中で整備されてきました。工事現場によっては十分な資材置き場が確保できないことや、工事の進捗具合によって状況が変化するため、お客様は必要な資材を必要な量だけ、希望する日時に現場まで届けて欲しいというニーズが強いのです。

二つ目の理由は品揃えの豊富さです。

配管資材だけを取り扱う商社と住宅設備や空調設備だけを取り扱う商社は多数あります。ただ、両方を取り扱っている商社はとても少ないのです。

なぜなら両方のジャンルの製品を取り扱うと製品点数が増加し、在庫コストが経営リスクにつながる可能性があるからです。しかし当社では、配管資材関連と住宅・空調設備関連でそれぞれ1万5000種類以上、合計で約3万6000点もの製品を取り扱っています。

これは愛知県内でトップクラスのシェアを誇り、安定した経営基盤を持つ山信だから可能なのだと思います。

そして三つ目の理由は、経験豊富な社員が揃っている点です。

前述の通り、当社が扱う製品は約3万6000点にも及び、お客様は2000社を超えます。もちろん全社員が全ての製品知識を完璧に覚えることは困難です。

ただ、山信の営業には15年以上の社歴を持つベテラン社員が数多く在籍しています。豊富な専門知識や経験、さらにはお客様と築いた信頼関係やお客様の事業内容、ニーズを長年に渡って把握している点を生かして、キメ細やかな提案やサポート、信頼獲得に大きなプラス効果をもたらしています。

多くの種類・メーカー製品を取り扱うのが強み

成長の種の多くは「現場」にある

全社平均で12〜13年程度、営業社員だけなら15年以上の勤続年数を誇る山信の社員たち。当社の仕事は職人仕事をサポートするため専門的な知識が求められますが、山信は業界内でも勤続年数が長く、高い知識を持つ営業担当者が揃う会社として信頼されています。

倉庫を案内する総務部 小川泰樹課長

今後もその信頼に答え続けるためにも、新入社員や若手社員が一人前になるまで教育することを大切にしています。

新卒で入社した社員は製品知識や業界知識が薄い状態ですから、営業活動や職人さんがいる現場に行かせることはできません。しかも、当社の取り扱い製品数を鑑みれば、1カ月や2カ月の付け焼き刃の研修をしても対応することは困難でしょう。

そこで、まず新入社員は半年から1年程度、物流部門や事務部門の業務に就きます。

これは製品の現物を触ったり製品名を覚えたり、業界や会社、製品に慣れてもらう期間と位置づけています。それ以降はOJTスタイルで、先輩社員との同行営業になります。

ベテラン先輩社員の同行営業を1〜2年程度行い、そこから少しずつ先輩社員のお客様を引き継ぎながら独り立ちを目指します。

この仕事は、現場経験の積み重ねが最大の研修になるので、こうしたOJTの研修スタイルを採用しています。もちろんメーカー様の研修などにも積極的に参加して、交流や商品知識を学ぶ機会も増やしています。

資格取得や社内コミュニケーションは全社を挙げてサポート

仕事や給与にも直結する資格取得については、会社を挙げてサポートする体制が整っています。

一級管工事施工管理技士や一級土木施工管理技士、第二種電気工事士など、様々な国家資格の取得費用を全額サポートし、外部研修などについても参加費用を補助しています。

信頼関係で結ばれる各営業所

現在は、延べ80人以上もの社員が何らかの国家資格を有しており、その人数は毎年増え続けています。これは業界でも異例なほど多く、お客様から感心をいただくほどです。

また、これまでの先輩社員たちの積み重ねのおかげで、社員同士に世代を超えた仲間意識があります。

そのため、先輩から後輩への知識や技術の継承や教育がスムーズに行われる社風が醸成されています。

これは、社内の忘年会や歓送迎会などの費用を会社が半額負担するといった社内コミュニケーション促進サポートにより、社内の風通しを良くする取り組みが日常的に行われているからです。昔の先輩社員が後輩に丁寧に教えてきてくれたからこそ、今の山信も先輩が後輩に丁寧に教える体制と社風が整っています。

新事業にも挑戦し「山信ブランド」確立を目指す

当社は商社であるため、活躍するには話す力が最も必要だと思われがちです。

しかし、実際にはトーク力よりも豊富な商品知識を背景にお客様の要望に真摯に応えられる人の方が活躍しています。長く腰を据えて知識や経験、お客様との関係性を育みながら信頼を積み重ねていくのが、この仕事では重要になります。

地道に積み重ねることを苦にしない人ほど、山信の仕事に向いているでしょう。

また、これまでの信頼の上にさらなる信頼を積み重ねながら「山信ブランド」の確立を目指し、同時に複数の新たな事業にもチャレンジしています。

たとえば、環境に配慮したリサイクル事業です。積水化学様と提携し、水道管工事の際に出る塩化ビニル製の端材を回収してリサイクルするというもので、当社は現場から端材を回収する役割を担っています。

産業廃棄物となる端材を回収してリサイクルする取り組みは、社会貢献の視点でも意義のある事業だと捉えており、今後も回収量を増やしていきたいと考えています。

他にも、建築業界の人手不足に対応するため、配管資材をニーズに応じて切断、溶接、コーティング等の加工をして納品する事業や、当社が仲介してお客様をご紹介する他、簡単な工事なら当社で施工のお手伝いをするなど、新事業の内容は様々。

こうした新しい事業は、どれもお客様からの要望から生まれたものばかりです。

70年以上の歴史を持ちながら、常に新しい挑戦を続ける山信に、新しいことに挑戦する意欲を持った人が、仲間として加わっていただけることを期待しています。そんな皆さんとお会いできる日を楽しみにしています。

山信株式会社
設立:1950年
事業内容:資材商社
資本金:7,470万円
売上高:128億円(2019 年度実績)
従業員:245名(2020 年 4 月現在)
本社住所:愛知県名古屋市熱田区中田町 6 番 8
電話番号:052-682-1371
URL:http://www.yamashin.ne.jp

関連記事

  1. 【株式会社三洋堂ホールディングス】店舗を通じ、あらたなであいをおてつだい

  2. 【株式会社タウ】国内外で損害車の仕入・物流・販売ネットワークを構築し、業界トップシェア

  3. 【株式会社コメダ】コーヒーはもちろんメニューも空間も、全てこだわり抜いて「喫茶店」を極める

  4. 【豊安工業株式会社】 日常メンテナンスから新規プランニングまで、工場の安定稼働を実現するプロの技術

  5. 【株式会社ゼロエミッション】「捨てない」という選択で持続可能な社会を実現する

  6. 【株式会社アイランド・ブレイン】お客様の利益に直結する成果にこだわる新規顧客開拓専門の営業支援のプロたち